社会福祉士として働くためにはどうするの?必要な知識を学ぶ

男性

社会福祉士とは

社会福祉士は福祉における相談役としての役割を果たす職種です。障害を受けてしまって生活に苦しんでいる人、介護が必要になった高齢者、貧困によって生活が困難になっている家庭など、様々な人たちからの相談を受けてサポートを行うのが仕事になります。相談者が抱えている問題に対して耳を傾けて、それを改善するためのアドバイスや指導を行うことにより改善を目指すのが基本です。立場に応じて利用可能な福祉制度などの照会をするのも重要な業務となります。

社会福祉士に必要な資格

社会福祉士として活躍するためには、まず資格を取らなければなりません。国家資格である社会福祉士の資格は、国家試験を受験して合格することで取得できます。そのためには受験資格を得る必要があり、福祉系の四年制大学の教育課程を修了するのが一般的な方法です。この他にも福祉系の短大の教育課程を修了し、現場で実務を一年から二年経験することによっても受験資格が得られます。福祉系ではない大学や短大を卒業した場合にはこれに加えて一般養成施設に一年以上通学することで受験資格を与えられるようになっているため、他の教育課程を受けてきた人でも資格の取得は可能です。

社会福祉士に向いている性格とは

献身的な姿勢の持ち主

社会福祉士は福祉の立場から困っている人を助けるのが仕事です。それを生きがいと思えるような献身的な姿勢の持ち主が向いています。

聞き上手であること

まずは何が問題なのかを聞き出さなければ適切なアドバイスをすることはできません。聞き上手であることは社会福祉として必須の能力です。

洞察力があること

相談に来た人は必ずしも説明が得意であるとは限りません。様子を察して意図を理解する洞察力や観察眼があることも社会福祉士には求められています。

諦めない心

生活の困難さに苦しむ人たちは切実な思いで何度も相談にやってきます。それに対して一辺倒な対応をせず、改善を実現するために諦めずに対策を考える心も欠かせません。

必要な知識はある?

社会福祉士になるには福祉系の全般的な知識と現状の法制による福祉制度についての理解が必要です。また、新潟で働くのであれば新潟で利用できる地方自治体による福祉制度についても知っていなければなりません。

社会福祉士に関する口コミをチェック

多くのやりがいを感じられる仕事

新潟で社会福祉士として働いていますが、福祉の現場で専門的な知識を活かしながら働けるため、多くのやりがいを感じられます。また、社会福祉士は難易度が高めな国家資格なので、転職時のアピールポイントにもなりました。

社会福祉士を目指すため新潟県の大学に通いました

新潟県にある社会福祉士資格を取れる大学に通い、演習や実習等充実した日々を過ごしました。就職率が高いこともあり、社会福祉士の就職先を見つけられたので良かったです。

広告募集中