学ぶ場所によってメリットが違う?社会福祉士について学ぼう

社会福祉士を目指せる学校に通う 【専門学校と大学の違い】

学ぶ場所によってメリットが違う?社会福祉士について学ぼう

男性と女性

社会福祉士になるために大学へ進学した場合のメリット

社会福祉士を目指している方が大学進学を希望している場合、福祉系の大学とそれ以外の一般の大学のふたつの選択があります。福祉系の大学に入学した場合、社会福祉士および介護福祉士法にもとづき規定される指定科目を、在学中の4年間ですべて履修することが可能です。そのため無事に卒業できれば、年に1度の社会福祉士になるための国家試験の受験資格を得ることができます。一般の大学では卒業後に専門の施設で学ぶ必要があります。また福祉系の大学は、国家試験対策や就職支援などに力を入れているため、資格取得や就職活動などで社会福祉士として働きたい方にとっては有利になります。また資格取得のための勉強だけでなく、ゼミ活動などを通してさまざまな人生経験をすることによって、仕事以外での人間としての幅が広がります。

社会福祉士になるために専門学校へ進学した場合のメリット

社会福祉士の専門学校は、4年制の学校、あるいは大学や短期大学を卒業した後に入学できる1年制、または1年数ヶ月の通信制などがあります。福祉系でない一般の大学を卒業した方で社会福祉士を目指している方は、卒業後に一般養成施設で最低1年は学習をしなければ国家試験受験の資格を得られることはできません。よって大学入学から国家試験まで5年以上の時間を費やすことになります。しかし高校卒業から専門学校に入学すれば最短の4年で国家試験を受けられることが可能です。そして専門学校は、社会福祉士に特化した学校のため、経験豊富な講師陣のもとで密度の高い学習や実習を経験することができます。求人数も専門であるため豊富です。新潟在住の方で社会福祉士を目指している場合は、こういったことを参考にしてみるといいでしょう。

広告募集中