社会福祉士って新潟のどんな所で働くの?勤め先や試験対策の方法

新潟で社会福祉士を目指す!国家試験の対策方法

社会福祉士って新潟のどんな所で働くの?勤め先や試験対策の方法

食事

社会福祉士の主な勤め先

社会福祉士の資格を持つことで多くの仕事に就くことができます。ケアハウスや老人ホームなどの介護施設からの引き合いは特に多くあります。ホームヘルパーやケアマネージャーなどと共に介護施設全体の業務に携わることになります。また、保育園や幼稚園、こども園などで勤務するケースもあります。

社会福祉士の国家試験対策について

社会福祉士の資格を取得するためには、国家試験に合格することが必要です。高齢化社会の進行などにより、社会福祉士の果たす役割が以前にも増して大きくなっており、注目度もアップしています。国家試験対策については、専門学校や通信講座などを利用して問題の傾向や過去の問題などについて学ぶことが重要とされます。

国家試験対策の合格率について

社会福祉士の国家試験は、年々難しくなってきていると言われています。そのため、合格する確率が低く、試験前にしっかりと対策を取ることが必要なのです。試験前は、時間や目標を決めて計画的に勉強していきましょう。合格率が低いと言われていますが、事前に対策していれば合格することができます。

就職説明会に参加してみよう

社会福祉士がどれほど、現代社会において必要とされているかについては、就職説明会などに参加してみるのも良いかもしれません。多くの企業や自治体などの関係者に出会うことができます。日本の福祉医療分野における深刻な人手不足の現状について垣間見ることが可能といえるでしょう。

専門学校や大学の選び方

将来的に社会福祉士としての就職を希望するのであれば、その分野について強みを持った専門学校や大学に進むことが重要です。そのためには、積極的に社会福祉士の分野に強い授業や学部を持った教育機関に進むのが得策です。専門学校や大学であれば、その卒業生がどんな仕事に就いているかということもチェックしましょう。

現役社会福祉士が「社会福祉士になってよかった」と思うこと

全国で必要とされます

日本全国どこでも必要とされることです。東京や大阪などの大都市だけでなく、新潟などの地方エリアでも仕事があります。

人との会話が自然に

コミュニケーションが上手にとれるようになります。否が応でも人と話すことが必要なため、自然と会話ができます。

世のため人のための精神

人の役に立っているという実感があります。困っている人に手を差し伸べることが仕事のため、やりがいを感じます。

笑顔や喜びを共有できます

大勢の人と喜びを共有することができます。例えば歩くのが困難な人がリハビリなどの成果で歩くことができるようになった時などの達成感は半端ではありません。

広告募集中