新潟で社会福祉士になる前に知っておきたいこと

心得・資格・違いについて「新潟で社会福祉士として働く前に調べる」

社会福祉士を目指す際の心得

社会福祉士になる上では二つの心得が必要です。一つは国家資格として社会福祉に貢献する義務を負うことになり、そのために必要な学習を行わなければなりません。もう一つは献身的なケアを行う立場になることに留意して、生活に苦労している人たちの役に立ちたいという気概を持つことです。

新潟で社会福祉士になる前に知っておきたいこと

男の人と女の人

国家資格以外に持っておきたい資格

社会福祉士として活躍する上では国家資格以外にも多様な資格が役に立ちます。ケアマネージャーとしてケアプランの立案や管理を行えるようになったり、福祉住環境コーディネーター検定を受けてハード面からの福祉を考えられるようになったりすると活躍の場を増やすことが可能です。また、精神的に落ち込む人も多いため、精神保健福祉士やアドバイザー系の資格も有用になっています。

社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士と介護福祉士はどちらも日常生活を行うのに支障を来している人に対する福祉活動を行う点では共通しています。しかし、介護福祉士は高齢者や身体が不自由な人に対して物理的な労働を伴うケアを行うのが基本であるのに対し、社会福祉士は障害や性別などの問題によって生活に窮している人やその家族に対して助言や指導を行うことが多いのが特徴です。

社会福祉士の平均年収について

社会福祉士の平均年収はおよそ400万円とされていて全国的にも大きな違いはありません。新潟でも状況には違いがなく、平均的に見ると400万円程度となっています。勤務先による違いも大きく、病院や民間の社会福祉施設では幅が広くて初任給が300万円程度から始まることが多い一方、公的機関の場合には500万円程度の年収が平均的です。

広告募集中